2009年04月12日

レッドクリフ

感想は「薄っぺらい」。
まぁ小説を中高時代に何度も読んでいて、展開も知ってるから言えることかもしれませんが。

とりあえず、呉の重臣と孔明との論戦がほとんどなく、孫権への説得のみとは。説得内容や孫権の決意がやたら軽いし…。

あと、女関係に逆切れした周ユとそれを見てニヤニヤしている孔明の描写がないとはどういうことだ。あれがないと曹操がただの人妻好きになってしまうじゃないか…。(ぉぃ)
posted by Nijino Momonga at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ番組
この記事へのコメント
曹操は人妻好きだと思いますね
レッドクリフの時代では
ありませんが
人妻に随分手を出していたみたいです
某が死んだのも曹操が人妻に
うつつを抜かしていた事が一因ですし
Posted by 悪来典韋 at 2009年04月13日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック