2011年05月24日

これは目頭が熱くなる…

高橋名人、ハドソンを退社
ファミコン世代にとってはまたひとつ、時代の終わりが訪れたと言っても良いかもしれません。
高橋名人は一介のゲーム会社の社員でありながらそれにとどまらず、本人自らゲームの主人公になったり、ゲーム関連の映画やアニメ、漫画に出演したりと幅広い活躍を見せていました。また、名人が大きく活躍していたその当時、「逮捕説」というデマ情報もあったりしましたが、今となってはそれも名人の活躍が当時のゲームファンにとって大きな影響を与えていたことの表れだったのでしょう。
ハドソン退社後もゲームには関わっていくとのことなので、今後もあらゆる世代のゲームファンにゲームの楽しさを教えて欲しいものですね。
posted by Nijino Momonga at 00:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
こんにちは…題名にホイホイされちゃいました(笑)
ホントこれは目頭が熱くなるニュースですよね(^^;
高橋名人といえば「80年代ゲーム・連射の達人」のイメージが色濃いです(笑)ハドソンから彼を題材にしたゲームが発売されたときは話題の人になりましたしねぇ。数あるゲームクリエイターの中でもアイドル性が高く、一際目立っていたと思います。
今までハドソン勤務お疲れ様でした、これからフリーになるかもしれませんが彼のかかわるゲームは注目していこうと思います。
Posted by ヒラタツ at 2011年05月24日 04:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック