2015年11月06日

何かの冗談かと…

同僚「あー、ダメだった…」
自分「ああ、そういえば社労士試験の発表でしたね」
同僚「合格者率2%だって」
自分「へー、2%ですか…え、2%?ウソでしょ!?(笑)」

今年の試験合格者率2%はびっくりしました。今年は選択式の難度が高いとは聞いていましたが、まさかここまでとは…。今年は明らかに合格者を出させる気がないのでしょうか。
でも今年の2.6%と去年の9.3%を差し引きすると6.7&で、まともな率にはなるにはなるので、帳尻合わせをしたのかなという感じはします。まぁそれでも実質6.7%の合格者率は低い代物ですが…。

それにしても来年は労基法は4月までには改正があるし、安衛法はストレスチェック制度が始まるし、派遣法も大きく改正されたし、共済年金が厚生年金保険と一元化されたし、もう目白押しですね。そして何よりマイナンバー制度も来年度から試験に出てきてもおかしくないし…。というのも、マイナンバー制度は連合会が実務中心の普及に力を入れているので試験で出題されないわけがないです。当然、今年度合格した方もマイナンバー制度については正しい理解を。
posted by Nijino Momonga at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429206930

この記事へのトラックバック