【当Blog管理者より宣伝】
「沙希ちゃんのお弁当」主催
第14回虹野沙希バースディOFF会
今回は2018年1月13〜14日に東京新宿にて開催!
締め切りは2018年1月9日AM2:00まで

詳細はOFF会告知ページにて
OFF会告知ページはこちら

2005年10月06日

東西の球団で大きな動き

<「優勝へ全身全霊」巨人次期監督の原氏、来季へ決意
あの「人事異動」から2年、再び原氏が巨人の監督として復帰することに。
もちろん3年前の再現を目指してもらいたいところですが、それよりもまず巨人というチームを魅力のあるチームにして欲しいところですね。
また、先日のドラフト会議で夏の甲子園で大活躍をした大阪桐蔭の辻内投手が巨人に入団することですし、来シーズンからの巨人は楽しみです。

村上ファンド:阪神球団の上場を提案 ファンの出資を想定
個人的には球団株式の上場というのも面白い方法とは思いますけど。
一部を除いたほとんどの球団が赤字経営で、球団の親会社が出資をしなければ最終的に身売りや合併されるという現実がある以上、株式上場での球団独自による資金調達というのも良いのかもしれないし、筆頭株主が何度も代わることが多くなるということは必ずしも球団名に「親会社の名前」を冠する必要性もなくなるかもしれません。
思うに、プロ野球そのものやプロ野球ファンには長所の方が多いような気がしますが…親会社にとっては「宣伝目的」での球団保有が多いために反発という感じが強いのかもしれません。野球協約では想定していないというのも、ある意味では宣伝目的による球団保有という視点からこそでしょうし…。
posted by Nijino Momonga at 03:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース

2005年09月29日

阪神も好きな球団ですが…

阪神、2年ぶり9度目の優勝!岡田監督、5度宙に舞う
巨人の目の前で優勝を決めたというのが少々腑に落ちませんが(笑)、阪神が優勝しました。さすがに2年前と同じではないにしろ、今日明日中の関西は大盛り上がりになることでしょう。

…来年こそは球界の盟主、巨人が優勝を…。(つ;)
posted by Nijino Momonga at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年09月12日

危惧する結果

衆院選:自民圧勝、単独過半数を確保 民主伸びず、惨敗
衆院選:岡田民主党代表、辞任を表明
午後8時、NHK含む全てのテレビ各局が行った出口調査での自民党単独300議席超えの結果には唖然。
正直、自民が大勝したとしてもここまでとは思わなかった。
そして、今後の政治のパワーバランスを考えると恐ろしい結果。
それにしても、今回の選挙は民主党のにとっては政権奪取のチャンスだったはず。にもかかわらず、出来なかったことは…おそらく二度と無理。さらに、ここまでの状況だと民主党は分裂の可能性も十分あり得る。そうなればさらに自民党が安泰に…。

…今後、日本の議会制民主主義政治の破綻が起こらなければ良いが。
posted by Nijino Momonga at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年08月30日

衆院選始まる

衆院選が公示、1130人届け出
衆院解散直後から「刺客」、「新党設立」など報道では大きく騒がれている今回の選挙の公示が行われ、本格的な選挙戦が始まりました。
今回は郵政民営化という今後の日本を左右する是非を問い、その是非によっては今後の日本の政治そのものを左右するかもしれない重要な選挙。我々は代表者である議員を選びたいものです。知名度のある候補者や政党を安易に選びたくなるのは心理的にあることでしょうけど、有権者個人にとっての考えが最も近い政策を持つ候補者や政党を選ぶことが大事です。当然、白票や棄権は論外。無投票も政治批判の一つとは言いますが、有権者が候補者に投票してこそ国政に反映されます。有権者は必ず明確な投票を。
posted by Nijino Momonga at 21:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース

2005年08月20日

栄冠は君に輝く

駒大苫小牧、57年ぶりの夏連覇
昨日の準決勝で駒大苫小牧が勝ち上がって既に決勝戦の結果は見えていたと思った自分は甘かった。
決勝戦に相応しい両校の一進一退の攻防には見入ってしまうほどの迫力がありました。そして、この波乱の決勝戦を制したのは駒大苫小牧。何と、戦後2度目・57年ぶりの夏連覇!あのPL学園でさえ65回大会で優勝し、翌年の66回大会でも決勝に勝ち上がるも成し遂げられなかった偉業を達成しました。
去年は初めて東北以北に優勝旗が渡ったことで大きな騒ぎになったのに、今年は更に夢の偉業達成。多くのプレッシャーもあっただろうにそれを跳ね除けての優勝は見事としか言いようがありません。また、駒大苫小牧は2年生投手の活躍も光っていましたし、来年にも大いに期待したいところですねぇ。
posted by Nijino Momonga at 17:17 | Comment(2) | TrackBack(4) | ニュース

2005年08月19日

すげー!

京都外大西が初の決勝へ、粘る宇部商を振り切る
個人的には事実上の決勝戦であろう第二試合の成り行きに注目していたんですが、第一試合の試合内容も目が離せないものでした。
負けたとはいえ、昨日の対日大三高での逆転劇を思わせる宇部商の粘りは一試合ごとに全力を尽くす高校野球でしか見られない緊迫した試合でしたねぇ。
そして、この大試合に見事勝利した京都外大西の監督である三原監督は今大会で勇退が決まっているとか。選手たちの力で監督の勇退を全国優勝で飾って欲しいものです。

駒大苫小牧、延長戦制し2年連続決勝進出
先述のとおり、個人的には事実上の決勝戦として注目していた試合。
好投手・辻内投手と清原以来の怪物・平田選手を擁する大阪桐蔭と昨年の優勝校・駒大苫小牧の対決は見ものです。
駒大苫小牧が2回に5点を一挙に取って先制し早々と試合を決めたかと思いきや、6回から大阪桐蔭の猛反撃で気が付いたら延長戦に突入。10回表に駒大苫小牧が1点を追加し試合を決め2年連続の決勝進出。戦後では2度目になるという2連覇に臨むことに。

さて、そんな明日の高校野球決勝戦。真紅の優勝旗を手にし、栄冠を勝ち取るのは果たして?
posted by Nijino Momonga at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース

2005年08月16日

地震多すぎ…

地震:宮城県川崎町で震度6弱 各地で被害 けが人多数
昼、テレビをつけてみると何処のチャンネルもこの報道ばかりでした。
屋内プールの天井の破片が崩れ落ち水面に浮いているのを見たとき、今回の地震の規模を思い知りました。子供たちにとってはせっかくの夏休みの楽しみだっただろうに…。

それにしてもここ1年ほど地震が多すぎ!しかもそのほとんどは規模が大きい地震ばかりだし…。
posted by Nijino Momonga at 17:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース

2005年08月10日

何処の国でも…

韓国で50時間オンラインゲームをやり続けた男性が死亡
ゲームもネットも面白いですが…、何処の国の人にも「やりすぎ」の人はいるものです。(^^;
たまに自分もネットやゲームに集中しすぎて徹夜することはありますけど、それでも数時間程度ですからねぇ…。というか、50時間もやっていると逆に飽きてこないんでしょうか…?
posted by Nijino Momonga at 22:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース

2005年08月08日

否決で解散か…

小泉首相:「郵政解散」勝敗ラインは「自公で過半数」
平成の名君も、今や暴君に。
「小泉政治改革」、「靖国参拝」、「サプライズ人事」等という言葉は政治家にも国民にも刺激的な言葉であったことは事実でしたが…。しかし、それによって今では自民党の選挙システムの破綻、人材不足を招いてしまったのは何とも皮肉な…。
posted by Nijino Momonga at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年08月07日

夏の高校野球始まる

夏の甲子園、15日間の熱戦スタート
さあ、ついに始まった熱い夏。
駒大苫小牧の連覇、今年の済美の実力等々楽しみは尽きません。

ですが…、

国士舘、延長戦で天理下す…高校野球第3試合
天理がまさかまさかの初戦敗退とは…。自分は奈良県出身ですから天理の勝利を期待していたんですが。
試合経緯を見ると、天理が試合を進めたものの、最後に国士舘が粘りを見せて逆転したというところでしょうか。こういう目まぐるしく動きのある試合が多いからこそ、高校野球はプロ野球にはない面白さがあるんだろうなと思うのは自分だけでしょうか。
posted by Nijino Momonga at 03:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年08月03日

美味い…のか?

日本水産:“いちごミルク味”の魚肉ソーセージ発売
そりゃ自分もイチゴは好きだし、ソーセージも好きですが…。(笑)
記事によると、「子供が好きになるソーセージを作ろうと、アンケートを実施した結果、最も好きな果物にイチゴが挙がった」ということらしいけど…。イチゴは単体で食べて美味しいのであって、ソーセージに混ぜると美味しいかどうかってのは…どうなんだろう。(汗)
posted by Nijino Momonga at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年07月27日

宇宙でラーメン

ディスカバリー:初の「宇宙食ラーメン」搭載
昨日の夜に打ち上げ成功したスペースシャトル「ディスカバリー」。まぁ、いろいろと問題点はあるみたいですが、大事故がなく帰還して欲しいものです。
さて、ディスカバリーには日本人宇宙飛行士が搭乗しているのは周知の事実ですが、日本が生んだ食品、インスタントラーメンも今回のスペースシャトルには搭載されているとのこと。我々の日常でおなじみのインスタントラーメンが宇宙で活躍するというのも中々興味深い話です。
それにしても、今回の宇宙食ラーメンを作った日清食品といえば「チキンラーメン」。「チキンラーメン」の発案者・安藤百福氏は日清食品の会長として御年95歳で今なおお元気とは…。
posted by Nijino Momonga at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース

2005年07月07日

2012年はロンドン五輪

2012年夏季五輪、開催地はロンドン…パリを破る
アテネ五輪が去年終わり、次回の北京五輪がまだ3年も後にあるというのに、さらにその次の五輪開催地が決まりました。西洋の人はせっかちなのでしょうか。(^^;
それはともかく、今回五輪開催地候補に挙がったのはロンドン、パリ、ニューヨーク、モスクワ、マドリードの5つの都市。世界に名だたる都市が候補を連ねているのが印象的でしょうか。そして、どの候補地もプレゼンテーションに力が入っていて、一国の大統領やら世界的に有名な著名人がそれぞれの都市をアピール。西洋の大国はスケールが大きい。(^^;
昔、大阪が五輪開催候補に名乗りを挙げましたが、このような国を挙げての盛り上がりがないと成功しないのかもしれませんねぇ。というか、大阪の五輪招致活動って盛り上がってましたっけ?(笑)
それにしても7年後に開催されるわけですが、この7年という月日は長いように見えてあっという間に来るんでしょう。そして自分はロンドン五輪開催時は30半ば。そのときはどんなことになっているのやら。(笑)
posted by Nijino Momonga at 00:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース

2005年07月05日

郵政法案衆院可決

郵政法案:衆院本会議で可決 賛成233、反対228
小泉内閣発足当時からのの柱とも言える法案が衆議院で可決されたようで。
昼のNHKでの国会中継で採決の模様をやっていたので見ていました。それにしても賛成反対の差が数票とは…。本当に賛否両論の法案ですねぇ…。
次は参議院での審議ですが、今回の衆議院と同様何だかんだありながら可決しそうな気がします。
というか、郵政が民間になった場合の国民生活のメリットがよく分からないと言うのが相変わらず難儀ですが、(^^;
まぁ、この法案が成立することで今後の郵政のサービスが向上してくれれば良いんですけどね。…自分は葉書を出すくらいのことしか利用していませんけど。(^^;

それにしても、この郵政法案成立を機に小泉内閣が総辞職するような気が…。
posted by Nijino Momonga at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース

2005年06月08日

おめでとうございます

書くことはこれしかないでしょう。

日本、ワールドカップ出場!ドイツへ一番乗り
ついにやってくれました!自分はサッカーをあまり知らない人間ですがこれはもう興奮しました。
無観客試合・主力メンバーが多数欠場という条件の中、どうなるか不安だったんですが…それも全く気にさせない試合結果でした。
前半は両国とも決定力に欠けたままでしたが、後半は日本に大黒選手が入ってから一気に流れが変わりました。その後、大黒選手のボールを柳沢選手が先制点ゴール。そして大黒選手も自らゴールで駄目押しの2点目!そして試合終了。3大会連続で日本のワールドカップ出場が決定しました。いやはや、前回の北朝鮮戦もそうでしたが大黒選手は今回の試合でも大活躍でした。

来年のW杯本大会で日本代表がどのような試合をしてくれるか楽しみです。
日本代表頑張れ!
posted by Nijino Momonga at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年05月30日

角界の花、散る

二子山親方:人気集めた元大関貴ノ花が死去、55歳
22時近くになりテレビの電源を切って風呂支度をしようと思った矢先にこの訃報が。思わず、「え!?」と声を上げてしまいました。
自分は現役時代は全く知らないので、引退後の藤島・二子山親方でのイメージが強いですね。若乃花・貴乃花の兄弟横綱は言うに及ばず、その他多くの有名力士・強豪力士を育て上げ、角界に一大旋風を起こしたことは記憶にまだまだ新しいです。
55歳というあまりにも若すぎる逝去ではありますが、角界への功績は大きな金星として永久に残ることでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。
posted by Nijino Momonga at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

付属池田小事件から4年、娘亡くした母が手記出版

付属池田小事件から4年、娘亡くした母が手記出版
2年くらい前だったと思いますが、とある機会で被害者家族の一組に偶然会ったことがあります。
詳細は伏せますが、「子供を返してくれ」、「戻ってきてくれ」という思いが伝わる感じが自分にも強く分かりました。もちろん、死んだ者は帰ってくるものではないのですが、「帰ってきてくれ」と思わなくては親にとっての「何か」が壊れてしまうのでしょう。「子を思う親の気持ち」というのはこういうことを言うのかもしれません。

犯人は自らの罪を反省することもなく、ただ「極刑」のみを望み、無責任に死んでいきましたが、我々はこの事件を忘れることなく心に留めておきたいものです。
posted by Nijino Momonga at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年05月26日

うーむ…

決闘:ルール決め「タイマン」で 容疑の少年12人逮捕−−東京・世田谷区の公園
全く、何を考えているのやら。
そもそもKIやプロレスのような格闘技はある意味では見世物に過ぎないのに。さらに言えばお金をもらって「職業」としている人々なんですけど。
というか、「決闘」なんて今の現代日本には存在しないもので、法律も意味のない形だけの物かと思ったんですけど、そんなことをしたがる人間がいるんですねぇ…。

さて、話題はがらっと変えて…。

レッサーパンダ:ボクも立てます 西山動物園の「ヒサシ君」−−鯖江/福井
レッサーパンダ:ここでも二本足で 東北サファリパークの「小燕」−−二本松/福島
レッサーパンダ:長野でも「立ってます」!−−茶臼山動物園/長野
最近話題の「風太くん」の便乗か、各地でレッサーパンダが立ち上がっています。
でもここまで多いと元々立てる動物なのでは…?(笑)
posted by Nijino Momonga at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年05月21日

スポーツの話題を

大リーグも交流戦に突入 楽しみな日本選手対決
本場、アメリカのメジャーリーグでも交流戦が開幕しましたねぇ。
自分は日本のプロ野球と違って米国のメジャーリーグにはほとんど詳しくないんですけど、それでも日本人の活躍や日本人同士の対決は楽しみですね。

例年とは違うサブウェーシリーズが開幕=米紙
メッツとヤンキースの「サブウェイシリーズ」。かつて、日本には南海ホークスと阪神タイガースが対決する「御堂筋シリーズ」と同じようなものでしょうか。まぁ、この場合はそれぞれの電鉄の始発駅なんですけどね。でも難波も梅田も地下鉄御堂筋線が通っているのである意味では「サブウェイシリーズ」なのかも。(笑)

大相撲:朝青龍、4場所連続12回目の優勝
何だかんだ言って強いですね。ここ最近の横綱は日本人では若貴以来誕生していません。日本人力士には是非日本の国技を守るためにも頑張って欲しいものですねぇ。
posted by Nijino Momonga at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2005年05月10日

5/10付のニュース

邦人拘束:どんな使命感で行ったのか 斎藤さんの弟が会見
壮絶な人生を歩んでいますね…。フランス外人部隊って映画とか小説の架空話だと思っていたんですけどまさか実在するとは。(汗)
でもこのようなプロでさえイラク国内では安全は保証されていないんですね。それを考えると自衛隊は今だ一人も死亡・拘束者が出ていないのは幸運としか言いようがないのかもしれません。もちろん、その「幸運」が「不幸」に変わることは絶対あってはならないことですが…。

お〜いお茶、20年ぶり改良 伊藤園、入れ立て風味
最近では「伊右衛門」をコンビニでよく見かけるので、それに対応したというところでしょうか。
ともあれ、新たな製法ではどのような味になるのか楽しみなところ。

サッカー:06年W杯予選 アジア最終 日朝戦バンコク開催はFIFA最終決定
サッカーW杯:対北朝鮮戦は「奇妙な雰囲気」と川淵会長
第三国・無観客で行なわれる日本vs北朝鮮。第三国はタイのバンコクで行われるとのこと。
無観客試合は少ないながら存在するとはいえ、日本代表選手の経験はほぼ皆無だと言うことは確かかもしれません。まぁ、それは相手である北朝鮮代表も同じでしょうけど。とはいえ、日本代表には沈黙の雰囲気に負けずに勝利して欲しいものです。
posted by Nijino Momonga at 23:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース