【当Blog管理者より宣伝】
「沙希ちゃんのお弁当」主催
第14回虹野沙希バースディOFF会
今回は2018年1月13〜14日に東京新宿にて開催!
締め切りは2018年1月9日AM2:00まで

詳細はOFF会告知ページにて
OFF会告知ページはこちら

2014年06月29日

嫌な予感が…

今日の「烈車戦隊トッキュウジャー」を見ていたらトッキュウ6号の名前が…。

虹野明

…。
……。

やめろおおおおおおおおおおおおおおおお!
ふざけんなああああああああああああああ!


いや、別に名前そのものは良いんですよ。
天下の東映がコナミに喧嘩を売っているわけでもないし、所詮は名前の一部で権利が云々ってのも無粋でしょう。

ただ、自分は虹野沙希というときめきメモリアルに出てくるキャラクターのファンサイトを16年ほど運営しているわけで…。そんな我がハンドルネームは「虹野ももんが」なわけでして…。
それゆえにトッキュウ6号に興味がある人が「虹野」で検索した影響を考えるとですね…。

というのも、10年以上前の話ですが、とあるタレントに興味がある方がその名前で検索すると全く関係のない我がサイトが真っ先に表示され、一日で1000人以上もの人が押し寄せてアクセスカウンタが吹っ飛んだ経験があるんですよね…。

2月頃までは日曜朝7時半以降にとんでもないことが起こるかもと思うと戦慄です。(汗)
posted by Nijino Momonga at 19:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ番組

2011年08月24日

引退ですかそうですか

島田紳助さん、芸能界を引退=「暴力団関係者と親密メール」−テレビ番組は全て降板
まぁ、これを機に簡単な問題で人を思いっきり馬鹿にするクイズ番組とか、弁護士を遊び道具にする法律番組とかを軌道修正してくれることを強く望みたいところ。
特に前者はもはや下品すぎる番組に成り下がってしまったのでむしろ終了させても良いだろうけど。
posted by Nijino Momonga at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組

2009年04月12日

レッドクリフ

感想は「薄っぺらい」。
まぁ小説を中高時代に何度も読んでいて、展開も知ってるから言えることかもしれませんが。

とりあえず、呉の重臣と孔明との論戦がほとんどなく、孫権への説得のみとは。説得内容や孫権の決意がやたら軽いし…。

あと、女関係に逆切れした周ユとそれを見てニヤニヤしている孔明の描写がないとはどういうことだ。あれがないと曹操がただの人妻好きになってしまうじゃないか…。(ぉぃ)
posted by Nijino Momonga at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ番組

2009年03月15日

ナイトスクープ視聴

いかにあの番組が深夜にやるべき内容ということが改めて分かった。(笑)
posted by Nijino Momonga at 20:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ番組

2008年07月15日

何らかの続編はありそうだ

キムタク総理ラストメッセージで有終の美、08年ドラマ視聴率最高記録
今年の春のドラマでは注目されていた「CHANGE」。
事前宣伝も派手だったし、政治物のドラマというのも割と珍しいので初回から欠かさず見てはいました。

ストーリー自体は…まぁ人それぞれなので特に言及はしませんが。

で、最終回の22分間にも及ぶ生放送でのスピーチシーン。
何と言うか、あんな「超」が付くような長台詞をやってのけたのはすごいというか何と言うか。

とはいえ、個人的には「これ、いつまで続くんだ?」と思いながら見てはいたんですが。(笑)初めの方はまだしも、10分超えると「早くドラマの続きを見せろ」と何度もテレビの前で突っ込んでいたり。(^^;

まぁそれはともかく、出演者といい、視聴率の高さといい、後日に特番とか映画化とかで続編なんてのもありそうですね。実際はどうかは分かりませんが。
posted by Nijino Momonga at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組

2007年07月29日

27時間テレビが

予想以上につまらない。
まるで来月くらいの某募金番組と同じくらいに内容がつまらない。

この番組の後にやる選挙特番の方がまだ面白い気がする…。
posted by Nijino Momonga at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組

2007年07月07日

「必殺仕事人2007」視聴

必殺仕事人2007」を見てみました。
実を言うと必殺シリーズは今まで再放送でしか見たことがなかったので、今回初めてリアルタイムで見る必殺シリーズだったりします。

で、感想はというと意外と良かった。
出演者を聞いたときは正直「微妙」と思っていたけど、内容そのものは悪くないなと。まぁ半端な作品だったら15年も待ち続けたファンの反感を買うだろうからなぁ。

あ、でも筆とか飛び出す道具は今までと比べると地味だった。(笑)

あと、仕事のシーンで中村主水を最後に持ってこなかったのも良かった。このまま主水には元締に徹して殺しの仕事は若い者に任せて欲しい気もする。演者ももう年だし。(汗)

あのクオリティなら年1回の単発スペシャルで今後やって欲しいですね。
posted by Nijino Momonga at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ番組

2006年08月09日

十数年ぶり…

テレビで「ごんぎつね」がやっていたので見てみる。


…やっぱりあの話、悲しすぎるわ…。
posted by Nijino Momonga at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組

2006年01月08日

功名が辻

今年のNHK大河ドラマであり、司馬遼太郎氏の著作としてあまりにも有名なこの時代小説。
いやはや、言葉の響きが良く、惚れ惚れしますねぇ。何故そう思うかは敢えて秘密。(笑)

まぁ、それは軽い冗談として(笑)、この「功名が辻」という小説そのものは自分は読んだことはないのですが、昔、テレビで放映しているのを見たことがあります。たしか10年くらい前だったかな?
その時に初めて「山内一豊」という戦国武将を知りました。土佐の山内氏は明治維新の関係で知っている程度でしたが、ご先祖様もまた有名な人物だということをこの話を通じて初めて知って驚いたものです。もちろん小説という一部脚色された美談もあるのでしょうが、戦国という時代だからこその偶然と必然で昇進に昇進を重ね、やがては一国一城の主になっていく様はまさしく題名が意味する「功名の道」・「功名の分かれ道」そのままの人生だと思わざるを得ません。また、やがては山内一豊の終焉の地である土佐が坂本竜馬を生み、彼が近代日本を背負う大人物になることを考えるといつの世も歴史というものは何かしらの見えざる力で動いていく物なのだろうかと思ってみたり…。
posted by Nijino Momonga at 23:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ番組

2005年10月14日

種も仕掛けも

引田天巧イリュージョン特集を見た後に、「笑いの金メダル」でのマギー審司の脱出マジックを見ても全く盛り上がらない…。
というか、脱出マジックは何度も画面が切り替わっていたし。(^^;
posted by Nijino Momonga at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組

2005年09月18日

日本の歴史

フジテレビでやっていた日本の歴史の特番を見る。
まぁ、端折りが多いのはさすがに仕方ないでしょう。とはいえ、「歴史を楽しむ」ということには面白かったかと。

そういえば十年以上前だったと思うんですけど、フジテレビのゴールデン番組で歴史の偉人や事件をピックアップする内容の番組があったような。あの番組は面白くて好きだったなぁ。…タイトルが思い出せないのが残念だけど。(笑)
posted by Nijino Momonga at 00:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ番組

2005年06月05日

ヒビキさんは

平重衡だった。

つП へぇへぇへぇへぇ

NHK大河ドラマ「義経」を見ていたとき、出演紹介で「平重衡:細川茂樹」という名前があったんです。「あれ?たしか仮面ライダー響鬼の主役に同名の役者がいたような?」、と。
で、実際に見てみたら…ヒビキさんじゃないか。(笑)というか、既に両番組とも半年近く放映して欠かさず見ているのに何故今まで気付かなかったのか…。(^^;
早速、調べてみたら「仮面ライダー響鬼」以前からいろいろな作品に出演している人だったとは…。特撮物はそれほど知られていない人を使う傾向があるのでこれは意外でした。

そういえば「義経」には「仮面ライダーアギト」で有名になった賀集利樹氏が平惟盛役で出演しています。新旧の仮面ライダー出身者が同じドラマに出演しているとは…うーむ、今年の大河ドラマは侮れん。(笑)
posted by Nijino Momonga at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組

2005年05月06日

プロ野球セ・パ交流試合

日本プロ野球史上初のセ・パ交流試合が始まりました。
セリーグとパリーグの試合なんてオープン戦で見れるじゃないかとは思いますけど、オープン戦はキャンプでの調整試合のようなものですし、それと違った試合が今回の交流試合では見れることでしょう。楽しみですねぇ。
で、関西のTBS系列であるMBSでは阪神vs日ハムの試合がテレビで中継されているわけですが…、あれ?もしかして巨人vs楽天は東京のみ?(^^;
半世紀ぶりの新規球団、楽天と、プロ野球界の老舗球団、巨人との新旧球団対決という注目カードは楽しみにしていたのに。交流戦開幕第一戦のカードなら尚更…。(つ;)

それにしても、この交流試合って日程はどうなっているのかと思って調べてみたら、6/16まで試合が連日行なわれるとは。てっきりペナントレースの合間(月曜日とか)に1チームに2試合合計の12試合行なわれる程度と思っていました。というか、3連戦36試合もやりすぎの気もしますけど。(笑)

そしてその裏で83年5月27日の阪神vs巨人戦を再放送するサンテレビは素晴らしいと思います。(笑)
というか、こっちの方が交流戦よりも面白いんですけど。(^^;
posted by Nijino Momonga at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ番組

2005年04月17日

針のむしろ?

今日放映していた「バンキシャ」という報道番組を見ていたときのこと。
何やら秋葉原を中心としたオタクについての話題がやっていました。
で、これを見ていたうちの親父がボソッと一言。

(テレビ画面の若者に対して)あんなんはよ卒業せえや。

親父すまん。あんなのと同じような世界にいる人があなたの目の前にいます。_| ̄|○|||

その後段々内容が痛い内容になっていったので、CMに切り替わった直後、自分が別のチャンネルに替えましたとさ。(^^;
posted by Nijino Momonga at 22:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ番組